港区の東京メトロ銀座線表参道駅で4日、線路上に転落した男性(71)を救助したなどとして、東京消防庁は5日、石原プロモーション所属の俳優、池田努さん(31)ら3人に感謝状を贈ることを明らかにした。

 同庁などによると、池田さんは4日午後9時10分ごろ、男性が線路に転落しているのを発見。会社員の秋山佳範さん(23)とともに線路に飛び降り、男性をホームに引き上げた。近くにいた医師が応急処置を施して救急隊に引き継いだ。男性は頭を負傷したが命に別条はない。東京メトロによると、当時、渋谷行きの電車が同駅の約420メートル手前まで接近し、約1分後に到着予定だったが、転落に気付いた乗客が非常停止ボタンを押して緊急停止した。

 池田さんは平成12年にデビューし、テレビドラマ「弟」(16年)などに出演した。池田さんは「とっさのことですが、当然のことをしたと思います。転落されたお方に、大きなけがはないとお聞きして、安心しました」とコメントした。

【関連記事】
転落防止ドアで乗客の安全確保 山手線は全駅で設置へ
「とっさに体動いた」女性救出のお手柄男性に感謝状
安全面さえ大阪府vs大阪市…市外の駅だけ転落防止柵なし
「撮り鉄」線路立ち入り 大阪府警が実況見分
新幹線非常用ドアコック改良 自殺防止などに効果

「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調−福島消費者相(時事通信)
船形山遭難 男女3人無事下山 作った雪洞に退避(毎日新聞)
<5歳児餓死>「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述(毎日新聞)
<中央環境審>小委 石綿肺も救済法対象とする答申案を了承(毎日新聞)
<法曹養成>法科大学院など見直し 法務・文科省が議論開始(毎日新聞)
[PR]
# by ygacqwkxuu | 2010-03-10 05:29
 ■降水確率並み「予報」目標

 いつ、どこで、どんな規模の地震が起きるのか−。地震発生予測の精度向上を目指して、東京大学地震研究所は、国内外から公募した予測モデルの精度を比較する「検証実験」を実施している。“地震予測コンテスト”ともいえる検証実験を通して、「当たるモデル」の条件を科学的に探る試みだ。将来的には天気予報の降水確率のような、信頼性と分かりやすさを備えた「地震予報」に近づけたいという。(中本哲也)

 検証実験を始めたのは昨年11月。関東地方、日本列島(陸域)、周辺海域を含めた日本全域の3つの地域を対象とし、関東地方は約5キロ四方、日本列島と全域は約10キロ四方に区分し、地震発生数などを予測する。関東と日本全域は深さ100キロまで、全国の陸域で起こる地震は深さ30キロまでを予測範囲にした。

 大きな特徴は、予測期間が短く、被害の心配がない中規模の地震も対象としていること。マグニチュード(M)4以上の地震を対象とする1日、3カ月予測と、M5以上の地震の発生確率を予測する1年、3年予測の4コースを設定した。

 地震発生予測としては、政府の地震調査委員会が2005年から公表している「全国を概観した地震動予測地図」がある。阪神大震災を教訓に、全国の主な活断層や海溝型地震について長期評価を行い、30年以内の発生確率や地域ごとの大きな揺れに見舞われる確率を示している。

 しかし、活動間隔が数千年以上の活断層の場合、30年以内の発生確率は最大でも十数%にとどまり、「切迫度の実感がわかない」といった難点がある。また、新潟県中越や岩手・宮城内陸地震など、未知の断層や想定外の地域での大きな地震も相次いだ。

 一方、前兆現象の観測を前提とする「直前予知」が可能とされるのは東海地震に限られ、本当に前兆現象が起こるのかどうかも、「地震が起こってみなければわからない」というのが現状だ。

 東大地震研の平田直所長は「地震が起こるたびに『当たり』『外れ』を指摘するだけでは、次につながらない。大規模地震だけを対象とする予測や予知は、現実的な検証はできないという問題点がある。M4以上の地震だと1年に1000個ぐらい発生するので、短期間でも検証可能なデータが得られる」と、検証実験の意義を説明する。

 異なるモデルを客観的に評価するために、使用するデータは気象庁の地震カタログに統一。ルールや検証方法の骨格は、2006年からカリフォルニア地域限定で評価実験を始めている米国のプロジェクトに倣った。

 国内外の研究者に公募し、合計89件の予測プログラムが寄せられた。基本的な予測手法は、過去の地震データから「地震が起きやすい場所」を統計的に割り出すもので、研究者の着眼点によって、個性が出るという。最初の検証結果が得られるのは、5月ごろだ。

 将来的な目標は、天気予報のように分かりやすく、防災にも結びつく「地震予報」の実現だが、平田所長は「検証実験がすぐに地震予報につながるわけではない」ともいう。M5クラスの中規模地震と、M7〜8級の大規模地震では、そもそも起こり方が違うと考える研究者もいる。

 「中規模地震での優秀な予測モデルが、大地震に適用できるとは限らない。しかし、信頼性の高い予測システムを構築するには、モデルの検証は絶対に必要。私たちはそのための“リング”を作ったのです」と平田所長は話している。

廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台−環境省(時事通信)
原口総務相 新人議員向けの勉強会開く(毎日新聞)
里見女流名人が大社高を卒業(スポーツ報知)
<空襲被害者>全国組織結成へ 救済立法目指し10日初会合(毎日新聞)
市民記者メディア「JANJAN」 広告落ち込み3月末で休刊 (J-CASTニュース)
[PR]
# by ygacqwkxuu | 2010-03-08 19:38
 母親の遺体を約1年間自宅に放置したとして兵庫県警網干署は2日、死体遺棄の疑いで、姫路市網干区垣内本町、会社員、小西泰光容疑者(41)を逮捕した。「母親の年金がほしくて死亡届を出さなかった」と供述しており、同署は死因などの特定を急いでいる。

 逮捕容疑は、昨年2月ごろ、自宅の一室に母親の文江さん=当時(75)=の遺体を置き去りにしたとしている。文江さんは寝間着姿で目立った外傷はなく、「気づいたら死んでいた」と供述しているという。

 同署によると、小西容疑者は文江さんと兄(52)との3人暮らし。先月27日に食料品を万引したとして窃盗容疑で逮捕された兄が「自分が住んでいる離れまで金や食料を届けてくれる母親がいなくなったので、(母屋にある)弟の部屋をのぞきにいったら死んでいた」と供述。同署が捜索したところ、小西容疑者の部屋の約1メートル堆積(たいせき)したゴミの下から、ミイラ化した遺体を発見した。

【関連記事】
警察署駐車場をバイクで暴走 仲間を激励?容疑の14歳逮捕
ガーゼ20年間、体内に放置 愛知・東海市民病院で医療ミス
酒1リットル飲ませ裸にして暴行、死なす…傷害致死容疑で3人逮捕
ガソリン盗容疑で少年ら逮捕 「金はないけどドライブしたい」 警視庁
出会い系で在日女性誘拐 言葉巧みにおびき出す
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

被害者が外出先で発見、携帯で撮影 強盗容疑でウズベキスタン人逮捕(産経新聞)
<偽1万円札>関東で数百枚発見 日本人2人関与か(毎日新聞)
海捜索中に「林の方かも」=上田容疑者、同居の男に−鳥取不審死(時事通信)
小遣いなくなったから…小中学生がひったくり(読売新聞)
原口総務相 新人議員向けの勉強会開く(毎日新聞)
[PR]
# by ygacqwkxuu | 2010-03-07 02:21
 政府は2日、市民やNPO(民間非営利団体)が担い手となる「新しい公共」実現に向けた円卓会議(座長・金子郁容慶応大院教授)の2回目の会合を開き、NPOへの寄付税制などについて議論した。政府税制調査会のプロジェクトチームをまとめる渡辺周総務副大臣は、税額控除導入を主要論点として本格検討する方針を示した。
 鳩山由紀夫首相も「ぜひ税額控除をやっていただきたい。この問題だけはしっかりした穴を開けなければならない」と強調した。
 現行の寄付税制は、課税所得から寄付金額の一部が控除される所得控除方式で、高所得者にとって有利な制度。所得税額から一定額を直接差し引く税額控除にすれば低所得者にもメリットが及び、寄付のすそ野が広がる可能性がある。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
場外戦にもつれ込む「小沢捜査」の内実

クリスト&ジャンヌ=クロード展 “包む”楽しさ堪能、映像も(産経新聞)
チリ巨大地震 津波の高さ 測定方法は?(産経新聞)
司馬さんの絵心 色鮮やかノート 大阪の記念館で一般公開(産経新聞)
10年度予算案 衆院本会議で可決 年度内成立が確定(毎日新聞)
【葬送】三越伊勢丹ホールディングス前会長・武藤信一(むとう・のぶかず)氏(産経新聞)
[PR]
# by ygacqwkxuu | 2010-03-05 15:40
 大阪と神戸の貴金属店を狙った連続強盗・窃盗事件で、大阪、兵庫両府県警の合同捜査本部は26日、昨年6月の神戸市内の宝石店に対する強盗容疑で、ともに無職の大阪府八尾市、工藤常雄(52)=別の強盗罪などで公判中=と、住所不定、大谷亮(30)=同=両被告の逮捕状を取った。週明けにも再逮捕する。

 

万引き誤認逮捕…目撃証言を過信、裏付け怠る(読売新聞)
<1票の格差>2.30倍は違憲状態 東京高裁判決(毎日新聞)
<阿久根市長>差別的記述で抗議集会 竹原市長派は姿見せず(毎日新聞)
「金融商品で損」私大職員、行員の不倫写真捏造(読売新聞)
二所ノ関部屋マネジャー?首つり自殺 大阪(産経新聞)
[PR]
# by ygacqwkxuu | 2010-03-03 21:00
←menuへ