<山口大不正経理>詐欺容疑で教授を告訴へ(毎日新聞)

 山口大(本部・山口市)の公的研究費を巡る不正経理問題で、同大は5日、同大大学院理工学研究科の男性教授が物品納入業者と約5年間で計1億3000万円の架空取引を行ったとして、詐欺容疑で刑事告訴する方針を明らかにした。一部は私的流用をした疑いがあるという。同大調査委員会の聴取に対し、教授は「私的流用はしていない」と否定しているという。

 同大財務部によると、教授は04年9月〜09年12月、業者と共謀して研究に必要な消耗品など物品の架空取引を繰り返し、国などから交付された研究費計1億3000万円を不当に支払わせた疑いがあるとしている。教授と業者は伝票や納品書を偽造し、発注した商品とは別の物品を購入していたとみられる。

 同大の発注方法は、50万円以下の物品は教授自ら業者と随意契約できるため、少額の架空取引を繰り返したとみられる。

 さらに同大は「教授が実際に何を購入したか現物を確認できないものがあり、私的流用を否定できない」として、5日の役員会で告訴を決定した。この教授は3月末に定年退職する予定だ。【中尾祐児】

【関連ニュース】
奈良診療報酬詐欺:山本被告と医師逮捕、患者出血死の疑い
詐欺:預保機構や財務省との関係装う事件相次ぐ
裏金接待疑惑:前福岡県副知事を任意で事情聴取
賠償訴訟:被告所持品の返還拒否は違法 東京地裁判決
詐欺容疑:旅館買収巡り3億円、桑田さんの元義兄逮捕

横浜事件 無罪決定 5遺族に満額4700万円補償 地裁(毎日新聞)
モニターに大量血痕の現場写真、被告はまばたきを繰り返し…(産経新聞)
逮捕の3人、供述食い違い…陸山会事件(読売新聞)
<調査捕鯨船妨害>衝突のSS船長から事情聴取 NZ当局(毎日新聞)
<狐の嫁入り道中>花婿と花嫁が面つけて…三重・四日市(毎日新聞)
[PR]
by ygacqwkxuu | 2010-02-06 15:12
←menuへ